読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

もしすべてが「遊び」だとしたら、あなたの選択肢はどう変わりますか?

これはぼくがそうなのですが、ついついなんでも真面目に、深刻に考えてしまいがちなんですね。

 

「このままじゃ、この先どうなるんだろう」

 

「あれをやらなきゃ!」

 

「これはヤバい!」

 

と焦ってしまう。

 

 

これらもすべて「不安」や「恐怖」からくる思い込みですね。

 

 

でもですね、「問題というのは無い」のです。

 

 

それは、自分の人生を映画にたとえてみると分かります。

 

 

映画の主人公は、はじめ未熟です。

 

そしてチャレンジします。

 

でも失敗します。

 

そして落ち込みます。

 

けれども、あきらめません。

 

そして、乗り越えます。

 

 

どうも、ぼくらの人生も、基本的にはこの「型」に沿っているらしい。

 

 

だから、この型にそっていると、自然と感情移入してしまったりする。

 

これは、この型を知っていても自動的にそうなるのです。

 

 

知っていても感情が動いちゃうというのは、面白いですね。

 

 

ただ、ドラえもんも水戸黄門も、「どうせこうなる」というのが分かっているのに、人間というのはストーリーというの楽しめるものなのです。

 

 

 

ぼくらの人生もストーリーです。

 

 

だから、問題が起きないほうがおかしいのです。

 

というか、問題が起きるからいいんです。

 

 

 

どんな映画も、かならず困難が訪れますね。

 

困ったできごと。

 

喜ばしくないできごと。

 

嫌なできごと。

 

そういうことが、かならず起こる。

 

 

なぜかって、「そのほうが面白い」からです。

 

 

で、そういう思考が腑に落ちてくると、もう怖いものなしですよね。

 

 

「問題?じゃぁ、また最高のエピソードを創れるぜ」って思えたら、もう問題が問題じゃなくなるんですよ。

 

 

それが「問題は存在しない」っていうことです。

 

 

 

すると、解決すべき問題がないとすれば、どうなるかというと「すべては遊び」ということになるんです。

 

 

「すべては娯楽」と言い換えてもいいですね。

 

 

そう、どうもこの世はすべて「娯楽」らしいんですね。

 

 

 

で、もしその仮説が正しいとしたら、あなたは何をしたいですか?

 

 

 

「人生に”解決すべき問題はない”」

 

「すべては遊びであり、単なる娯楽」

 

「この世界は、なにひとつ変えなくていい」

 

 

という前提がもしあるとすれば、今している何をやめて、何をしたいでしょう?

 

 

ぜひ、それをじっくり考えてみてください。

 

 

そして、その答えを実現していくことが、あなたの豊かさにつながってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓