読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ハラ生き道」

「からだの軸」と「こころの土台」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

問題を解決しようとする意識を「問題」という。~解決しないという解決策~

あり方の原理原則

ラクなあり方で豊かさを実現していくには、まず問題を問題を捉えないことが大切です。

 

一般的に「問題」が起これば、それに対処しようとします。

 

もちろん、「問題」を解決しようと行動することは悪いことではありません。

 

 

けれども、問題を解決しようと躍起になることで、逆に問題がこじれてしまうこともあるのです。

 

 

実はぼくらの人生には「問題」というのは存在しません。

 

 

あるのは「問題だ」と思う心だけなのです。

 

 

たとえば売り上げが下げれば、経営者は「問題だ」と思うでしょう。

 

 

けれども、なぜ「問題だ」と感じるかまでは、あまり考えない人多いようです。

 

 

それは「売り上げが下がるなんて大問題だ。当たり前だろ」

 

「売り上げが下がったら、困るに決まってる」と、

 

 

「売上が下がること=問題」という激しい思い込みを持っているからなのです。

 

 

人は自分の「思い込み」に関しては、あまり検証することがありません。

 

それは本人にとって、あまりにも当たり前のことなので、「本当にそうかな?」と考えるヒマもないのです。

 

 

 

けれども、せっかくこの文章に出会われたのならば、いちど自分の思い込みを振り返ってみてください。

 

 

「ほんとうに売上が下がることは問題か?」

 

「なぜ、売り上げが下がることを問題だと捉えるのだろう?」

 

「売上が下がると、何が困るのだろう?」

 

と。

 

 

そのように掘り下げていくと、いろいろと自分の心が奥まで見えてきます。

 

 

「売上が下がると会社がつぶれるかもしれない」

 

「会社がつぶれたら従業員の給料が払えなくなる」

 

「私も破産するかもしれない」

 

と色々でてくるのですが、そこにあるのは、最終的には「不安」なのです。

 

 

なんだかんだ言って、「不安」な気持ちになりたくないがゆえに、問題を解決しようとしているわけです。

 

 

けれども不安というのは面白いもので、行動によって「不安」をごまかしても、そう簡単に消えるものじゃないんですね。

 

 

むしろ、隠せば隠すほど、心の奥のほうで醸成してくるのが「不安」なのです。

 

 

 

だから、「問題を解決しなきゃ」と意気込み、実際に問題を解決すればするほど、さらに不安は大きくなるのです。

 

 

 

そうならぬためには、問題に対処するのではなく「不安」に対処したほうがよいのです。

 

 

そしたら、それは根本的な解決になります。

 

 

けれども問題に対処してしまうと、また同じような問題が起きて、問題が起きる→解決する→問題が起きる→解決する、のイタチごっこになってしまうのです。

 

 

 

ラクなあり方で豊かさを実現していくには、心を見つめていくことが必須条件です。

 

 

そして、自分の思い込みをどんどん外していく。

 

 

そのときに「恐怖」というのは、非常なポイントになります。

 

 

今後は、この「恐怖」への対処法などを、徐々に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

ハラ塾~「からだの軸」と「こころの土台」を育てる~

ハラ生きセミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

DVD販売

 

 

 

 

1回は観てほしい動画!!↓