「ハラ生き道」

「からだの軸」が整えば、「じぶんの本質」につながれる。

中途半端に徹することが、中途半端さから突き抜けるポイントになる。

●中途半端に徹することが、中途半端さから突き抜けるポイントになる。


こんにちは、おぜっきーです。


今日は「突き抜けた人を見て、自分の中途半端さに嫌気がさしちゃう人」に向けて、記事を書いてみますね。



ビジネスをしていて、Facebookで突き抜けた人を見かけると、負い目を感じちゃったりしませんか?


「あの人みたいに突き抜けたい!」

「すごい個性!マネできない!」

「ブランディングや軸がしっかりしていてスゴイ・・・」


と憧れる一方で、


「なんか私は中途半端・・・」

「どこか突き抜けきれてない・・・」

「どうも特徴やウリが見つからない・・・」


とモヤモヤした自分に対して嫌悪しちゃうことってありますよね。



「モヤモヤしてるけど、ズコーンとイッチャいたい!」


というのは、多くの個人事業主が抱える悩みでもあります。



今回は、そんなときにスッキリできる考え方をお伝えしたいと思います。



それが「中途半端さを極める」です。



そもそも人は、どこまでいっても中途半端な存在なんですね。


そうそう「突き抜けた人」などいないのです。


身長が250cmあれば、かなり突き抜けてますけど、ビッグ身長界隈で、トップになれるのは世界でただ一人だけです。


つまり、いわゆる「ナンバーワン」の世界観に入り込むと、非常にシンドイわけです。



じゃぁ、どうするかって、月並みな表現ですけど「オンリーワン」の世界に入るしかないんですね。



で、どうやって「オンリーワン」の世界を創っていくかって、それは「自己の肯定」しかないわけです。



中途半端な自分をゆるしていく。


ハンパな自分を愛していく。


取柄のない自分のままでいくとハラを決める。




そういうことを地道にやっていくしかないのです。


するとね、徐々に「掛け算」で、「オンリーワン」の世界ができあがっていくわけです。



ぼくなど、その最たる例で、ぜんぶ中途半端なんです。


整体が達人レベルというわけでもない。

心理で学位を持っているわけでもない。

文章を誰に習ったわけでもない。



ひとつの分野で勝負したら、どうにもトップのレベルには満たないんですね。



けれども、「身体」×「心理」×「言語化」っていうのは、ぼくだけの「無敵のフィールド」だと思っています。


「センターマッスル活性化」なんてやってるのは、ぼくだけしかいない。


無敵っていうのは、最強じゃなくて「敵がいない」って意味です。


「合気道的な身体遣いを心理と絡めて、愉しい文章にする」

というのをやっている人を、見たことがありません。

だから食っていくことができるのです。




何が言いたいかというと、「好きなものをかけ合わせれば、誰でもオンリーワンの才能を発揮できる」ということです。


つまり、中途半端なあなたこそ、オンリーワンの無敵のフィールドを創る才能に、満ち溢れているということです。



 
ポイントは

「自己の肯定」

「短所と人生の恥部を活かす考え方」

「言語による共感できるコンセプト化」


です。



それを全部まとめてやっちゃうのが、このセッションです。



 

直近のセミナー日程

 

 

6/5 6/6 おぜっきーの心理メソッド”全部のせ”講座@神戸 

ameblo.jp

 

8/7(日)9/4(日)10/2(日)

ameblo.jp

8/8(月)9/5(月)10/3(月)

center-muscle.hateblo.jp

 

個人セッション

ameblo.jp

 

メルマガ登録

ameblo.jp

ameblo.jp

 

 

 

ハラ生き道セミナーの日程

 

ハラ生き個人セッション

center-muscle.hateblo.jp

 

LINE@登録はコチラから

http://line.me/ti/p/%40wtq1653q もしくは@wtq1653qを検索!

 

 ハラ生きメルマガ登録

 

 

DVD販売

小冊子「ハラ生き本」販売 


 1回は観てほしい動画!!↓